へしことは?

昔から冬を越すための保存食として親しまれてきた「へしこ」は、福井県若狭地方の伝統料理です。青魚に塩をふり、塩漬けにしたあと更にぬか漬けにし、一年~二年の長期にわたり本漬け熟成します。漬け込む魚の種類は家庭により様々ですが、若狭湾で獲れる新鮮な鯖(さば)を使った「鯖のへしこ」は若狭美浜の特産品です。若狭美浜で作られるへしこの特徴は、唐辛子と酒かすを使った味わい深いへしこで、様々な料理との相性がよく、美浜の宿やレストランなどでは、へしこを使った創作料理も多く提供されています。

 

へしこの食べ方

 

【 焼きへしこ 】

へしこについている米ぬかを軽く落とし、シンプルに焼いていただきます。ごはんのおかずやお酒のおつまみとして、簡単で最高においしい、オススメの食べ方です。焼いたへしこを細かくほぐし、ごはんにかけても美味しくいただけます。

 

【 お茶漬けと一緒に 】

シンプルに焼いたへしこのお茶漬けもオススメの食べ方です。塩味が効いたへしこに温かいお茶を注ぐことで、味がマイルドになり、ゴマや梅干し、海苔やワサビのトッピングを加え、味の変化を楽みながらいただける一品です。

 

【 へしこのお刺身 】

へしこについた「ぬか」を洗って水気をふき取り、薄く切って刺身としてもいただけます。焼かずに生で食べることで、鯖の熟成された味がより引きたち、焼きへしことはまた違った味を楽しめます。薄くスライスした大根を添えて一緒にいただくと絶品です。

へしこを使ったオリジナル料理の紹介

 

詳しくはこちらから

Translate »